整体とマッサージを正しく理解しよう!

整体とマッサージの違い

マッサージ師は国家資格

整体とマッサージの一番の大きな違いは、整体師は民間資格者で構成されておりますが、マッサージ師は、あん摩マッサージ指圧師という国家資格者で構成されています。整体師もマッサージ師の違いは、なかなか難しいのですが、整体の場合は、体全体の関節のゆがみやズレを改善するのが目的ですし、マッサージは、血液循環やリンパ循環を良くすることを目的に行われます。一応、マッサージ指圧師は国家資格ですので、整体師がすると違法となりますが、実際には、整体でも、もむ、さするといった事は行われておりますし、整体とマッサージの違いは素人目には分かりにくいかと思います。

 

違法な場合は罰金もある

例えば、整体師が、「なでる・押す・揉む・叩く」といった行為を行ったり、あるいは、あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律に違反した場合には、50万円以下の罰金刑、となっております。、整体は、資格や免許は存在しないので、民間団体で教育を受け者が、民間資格免許を取得して施術を行っていますので、整体院によりやり方はバラバラですので、結局は、肩こりや腰痛、背中の症状を治す時などは、何となく自分に合った相性の良い整体院で施術を受けるといった感じになりますので、選ぶ際には特徴や口コミを参考にしながら選んでいるようです。

 

肩こりでも腰痛でも、すぐに民間の施術院には行かない

体の不調が長引くようであれば、すぐに民間の整体院には行かず、まずは病院(整形外科)に行き、検査を受けることをお勧めします。場合によっては、ただの肩こり、腰痛でも怖い病気の副産物で出ている場合もあるので、検査結果に異常がない段階で、更に個人的に改善をしたいのであれば、はじめて民間の整体院に行くのが良いと思います。最近は、癒し系がブームですから、巷には、リラクゼーションサロンや整体院が様々あります。どれを選んだら良いかは迷うところです。そこで、最後に選択方法ですが、サロン系であれば、心地よく、気持ちよくなりたい人向けですが、体調不良の回復で選ぶなら、整体院・マッサージ院と覚えておくと良いかと思います。